五十嵐美幸 プロフィール

1974年 8月29日 東京都東村山生まれ。小学生の頃から、父親が営む飲食店の手伝いを始める。
1988年(14歳) 初めて厨房に入る。
1990年(15歳) 東京都立農業高校食品製造科に入学
1993年(18歳) 高校卒業後、正式に厨房に入る。
1997年(22歳) フジテレビ『料理の鉄人』当時最年少挑戦者として出演。一躍「中華料理界の女傑」と注目を集める。
以降数々の雑誌、テレビ番組に出演。その他にも、全国での食育活動、地方町おこしプロジェクトの参加(商品開発)海外における日本の中国料理の普及、など活動は多岐に渡る。
2008年9月   実家から独立し、渋谷区幡ヶ谷に中国料理美虎(みゆ)開業
2012年6月   川崎市武蔵小杉にプロデュース店 レストランμ(ミュー)開業
2014年(40歳)12月末男児を出産。翌1月には復帰し、精力的に活動を再開している。
2016年10月  タイ・バンコクにてプロデュース店「MIYU」をオープン


■山や海からの四季の恵みを、多彩な味付けで生かした料理。穏やかで逞しき季節が満開で、心に宿る。(味の手帖編集顧問 マッキー牧本氏)
■中華の中で一番好きな店のひとつ (レストランジャーナリスト 来栖けい氏)
■彼女の中華はまさに「繊細でいてダイナミック」。唯一無二の「美幸料理」だ。(四川飯店グループ会長 陳健一氏)
■日本の宝。(KIHACHIグループ総料理長 熊谷喜八氏)